オーラソーマ無料辞典・ホーム >>>オーラソーマ:無料辞典>>>

オーラソーマの歴史

オーラソーマ:イメージ画像

オーラソーマの歴史

○オーラソーマの創始者

オーラソーマシステムは1983年イギリス人のヴィッキー・ウォール女史に
よって、誕生いたしました。

ヴィッキーは両親ともに、聖書の神秘的側面を重視する深いユダヤ教、
ハシディズムというを信仰するウォール家の七女としてロンドンに生まれ
ました。

幼少時から、人並みハずれた直感をもち、
身体から発せられる霊的なエネルギー・オーラが見えたり、
手も触れずに病気を治してしまう不思議な力があったようです。

父親が、カバラとゾハールのマスターであったことから、
植物がどんな症状によいのか、薬物に関する知識、
そして自然療法を様々な手法で教えヴィッキーの直感を育てていきました。

○ヴィッキー・ウォール女史とは

父親から習った様々な方法を復習し、
ハーブの知識と才能を生かして、薬剤師、
のちにキロポディスト(足治治療)として開業します。

その後、三度にも及ぶ臨死体験を通して、
彼女は人に奉仕するための死の淵からこの世に取り戻されたと悟ります。

そして、66歳の時に失明しクリニックをたたまざるをえなかったのですが、
聴覚や、視覚の障害をもった芸術家達が、
人々の心を揺るがす作品をこの世に残したように、
彼女の”色を感知する能力””オーラを見る能力”は、
より研ぎ澄まされ、失明後のたくさんの人達の人生を変える、
オーラソーマのボトルを生み出す事になるのです。

○オーラソーマプロダクツ社会長マイク・ブース氏と
ヴィッキーとの出会い

ヴィッキーに会ったのは、1983年、マイク・ブースは、当時
画家や陶芸家として活動していたので、絵の展示会に参加していました。
そこでオーラソーマの展示に出展していたヴィッキーと出会いました。

彼もまた幼い頃から、透視などができる母親のもとで生まれ育ち
自然にテレパシックなコミュニケーションが出来たりするサイキックでも
ありました。

禅を10年以上学ぶ事により、それらの能力を必要としなくなっていました。
それがヴィッキーとの出会いにより、彼の才能を認め
ヴィッキーは直感でこの人とやっていこうと決めたことから

それから7年にわたり、色の理解、色の働きについてのワークショップを
展開し、今のオーラソーマプロダクツ社という会社を築き上げたのです。


○ヴィッキーからマイク・ブースに継承

現在105本(2005年)のボトルがあるが、マイク・ブースが直接かかわった
のは、44本目からであり、最初にヴィッキーに出会った時点で
すでに28本のボトルがありました。

43本目まで、ヴィッキーが中心に作り、
44本目はマイク・ブースがボトルを誕生させるようにと
ヴィッキーがお願いしたのです。

マイク・ブースは、ヴィッキーの期待に答えられるか
不安だったようだが、誕生後、ヴィッキーは、
「ガーディアン・エンジェルが一緒にここにいるわ」と言い
44本目のボトルを「ガーディアン・エンジェル」と名づけ
その全てを彼に託したのです。

それから78本目のボトルまでは、マイク・ブースが中心となって
誕生に立会い、ヴィッキーが亡くなるまでの間(1991年)
マイク・ブースの中でボトルを誕生させるプロセスが出来上がっていたの
です。

○オーラソーマが広がるまでの道のり

直感で物事を捉えられる女性は、抵抗なく受け入れられてきましたが
特に目に見える物や、説明のつくものしか信じない
論理的な男性にオーラソーマを理解してもらうには
難しかったようです。

オーラソーマを知らない間は、占いのようだとか、
宗教ではないかといったイメージがつきまとい
敷居が高かったように思います。

確かに、オーラソーマのベースには、ユダヤ教、キリスト教の思想が流れて
いますが、オーラソーマは宗教でも占いでもありません。

そんな中、ここ数年、バブルがはじけ、経済状況が悪化し
リストラ、離婚問題、現在のどの状況をとっても
不安な要素ばかりが目につく中、癒しが求められる時代になり
オーラソーマを必要としている人が増え、一気に広がっていきました。

○現在のオーラソーマ

ヴィッキーが最初のオーラソーマを作った年(1983年)に、
マイク・ブース氏(現オーラソーマプロダクツ社会長)
に出会い1991年に生涯を終えるまでその全てを彼に託しております。

現在、マイク・ブース氏により自然療法、神智学、仏教、ホメオパシー、
などの知識が加えられ、オーラソーマは発展し続けています。

こうしたヴィッキーの考え方は、
多くのオーラソーマ製品を生産している”オーラソーマプロダクツ社”の
理念として今現在でも受け継がれています。

マイク・ブース氏は、唯一ヴィッキーから後継者として、
一任された一人です。

○現在のオーラソーマプロダクツ社について

現在、オーラソーマが使用されている国は、
日本、ドイツ、スイス、アメリカ、オーストラリア、メキシコなどです。
アジアでは、日本を始め、台湾、香港、シンガポール、中国で伸びてきて
います。

2003年は、52カ国に輸出しました。

使用されているハーブの何種類かはオーラソーマプロダクツ社の農場で、
有機栽培されています。

科学薬品を使わないだけではなく、自然の肥料を使い
大地のエネルギーを高めながら栽培するといった
”バイオダイナミック農法”を採用しています。

まずは、土作りといったところでしょうか。
オーラソーマプロダクツ社は、この農法を用いている企業としては
世界最大の規模を誇ってるといえるでしょう。

同様に、ボトル内で使われている水や、オイルもこだわりぬいた
素材や、抽出法、精製法によるもので、
オーラソーマが意図する目的に最も適した生産方法となっております。

copyright©オーラソーマ無料辞典。All Rights Reserverd.